中央工科デザイン専門学校

 中央工科デザイン専門学校は、開校以来「ものづくり」を教育テーマとして「技術者養成」のための実学実践の教育活動に取り組んで参りました。伝統の技と若いクリエイティブな感性が織り成す『現代の匠』を育てます。

中央工科デザイン専門学校

〒371-0805
群馬県前橋市南町2-31-1
TEL:027-221-1335

【学科情報】
・CAD技術者学科
・機械制御システム学科
・住まいづくり学科
・素材工芸づくり学科


中央工科デザイン専門学校の募集人数や入学金などの詳しい情報は、中央工科デザイン専門学校のホームページをご覧下さい。
中央工科デザイン専門学校で専門知識と技術を学んで自分の目指している専門分野に進んでください。

オープンキャンパス、体験入学会などに参加することもおすすめします。

◆専門学校とは

 専門学校とは、その名の通り『専門教育』を重視した授業が中心で、講義もあれば実習もあります。教育の内容は、高校、大学や短大とも大きく異なります。
専門学校の主な特色は、以下のようになっています。
1.年間の授業時間が多い
  ●専門学校では、1年間に800時間以上もの授業を行います。
  ●1〜2年という短い期間の中で、かなりハードなスケジュールになっています。
  ●しっかりとした目的意識と学習意欲が求められる一方、無駄のない充実した学校生活を送ることが出来ます。
2.専門科目の授業が多い
  ●授業時間の7割位を専門科目にあてているところが多いみたいです。
  最近では、年間800時間の全てを専門科目に あてている学校もあるようです。
  ●専門教育重視型の学校と生涯教育を視野に入れた一般教育も取り入れている学校との二つに分かれています。
3.実習を重視する授業
  ●体験と学習を一体化して、現場で役立つ技術を身につけることを目指しています。
  ●出席率が重視されて、無断欠席をすると自宅に連絡を入れてくる学校もあるみたいです。
  ●学生のひとりひとりが、将来、各分野のプロとして自立できるように、学校側でも万全の指導体制をとっています。


スタイリスト、ネイリスト、看護師、介護福祉士、柔道整復師、プログラマー、システムエンジニア、デザイナー、エステティシャン、自動車整備士、会計士などの専門職を目指しているなら専門学校で専門技術を学ことをおすすめします。

専門学校の偏差値、倍率情報などをしらべて、目標としている専門職を目指して専門学校を受験し、その道のプロフェッショナルとなってください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。